中古機販売

トップ >  ねじ転造盤 >  中古機販売

中古機販売

転造盤は他の工作機械と違いとても長持ちをする機械です。数十年前のものでも基本構造は大きく変わっていませんので、新品よりも中古品が数多く流通しています(もちろんNC付は最新型です)。
当社では、独自のネットワークで仕入れた中古転造盤に手をいれて再生し、お客様のご要望にあう状態に仕上げて、納品させていただきます。

お客様のニーズにより転造盤に求める精度、内容は異なりますので、ご要望、ご予算をヒアリングさせていただきながら、最適な状態でのお引き渡しを提案しています。
例)
A: 消耗品、破損品を交換の上、転造可能な状態まで仕上げる。
B: 電装を更新する。
C: カミソリを新作し摺動面摺り合わせ(きさげ)を行い、ベアリングも交換する。
D: 塗装を行う。

転造盤取扱いの豊富な実績により、「お得な機械はないか?」「使っていない転造盤を処分したい」という双方のニーズをうまくマッチングさせて、設備の有効活用のお手伝いをさせていただいております。

中古転造盤の在庫情報はコチラ

中古転造盤の整備の流れ【オーバーホールの場合】

  • 分解
    分解・洗浄

    転造盤をすべて分解し、ベッドだけの丸裸の状態にします。
    外側、内側とも長年の汚れをしっかり落とします。タンク内はヘドロを汲み取り、錆止め塗装を施します。

  • 部品選別
    点検・部品選別

    各部品を洗浄後、点検・選別をし、欠損や磨耗している部品を交換します。
    主軸には硬質クロムメッキを施すケースもあります。

  • 摺り合わせ
    摺り合せ

    ベッド面とカミソリ面の摺り合せを行い、職人が手作業で仕上げます。
    きさげは技術、体力を使う重労働ですが(夏は特に大変!)、今なおその技が受け継がれています。
    転造盤整備の「肝(キモ)」といえるでしょう。

  • 組み付け
    組付け

    各部品を組みつけていきます。

  • 嵌め合いを確認
    嵌め合いを確認

    それぞれのパーツの動きや嵌め合いを確認しながら調整していきます。
    スムーズな動きを出すには、細かなノウハウがものをいいます。

  • 塗装

    指定色又は当社標準色にて塗装を施します。

  • 電装

    マグネット、スイッチ類、配線といった電気設備を更新します。

  • 試運転

    ユーザー殿から支給いただいたローラー、ワークを使い試運転を行います。

  • 納品

    運搬、据付、立会い試運転を行います。

※上記は中古機整備の一般的な流れであり、実際には見積書記載の内容に基づきます。